恐慌から戦争へクイズ

恐慌から戦争へ

中国で蒋介石に率いられ、共産党をおさえて国内の統一を進めていた政府を何というか
盧溝橋事件をきっかけに始まった、日本と中国の全面戦争を何というか
ソ連が行った、工業化や農業の集団化などの社会主義政策を進める計画経済を何というか
1936年、共産主義の勢力に対抗するという理由で、日本とドイツが結んだ協定を何というか
大銀行を中核とし、政党政治家と選挙資金などを通じて強く結びついていった三井・三菱・住友などの大資本家を何というか
恐慌から戦争へ
{{maxScore}} 問中 {{userScore}} 問 正解!
{{title}}
{{image}}
{{content}}